アランミクリ
「見るための、そして見られるためのメガネ」。 1978年に、アラン・ミクリは、メガネ業界の伝統をくつがえし、審美性と機能性、デザインと技術を調和させたメガネを提案した。 元来、メガネとは視力矯正や目の保護を目的としたものである。しかしそれだけではなく、 TPOやコーディネートに合わせられるアイテムとして、欠点をカバーするのではなく長所を引き立てるデザインでファッション性を楽しむべきだと考える。メガネはその人の個性を引き出し、イメージを変える力を持つ小物でなくてはならない。 アラン・ミクリはメガネをデザインしながらメガネをかける人のファッションやライフスタイルまでもデザインしている。
[アランミクリ Official Site]

アランミクリ を取扱う店舗はこちら

←総合トップに戻る    ←GLASSESページTOPに戻る